日程

うらしま講 
 令和元年9月18日(水)
 時間 13時半~16時
 場所 大東会館

朗読会  
 令和元年10月16日(水)
 時間 14時~16時
 場所 西岡邸
 
師範以外の理事の方で参加希 望の場合はメールにてご連絡 下さい

  kinarinoheya@ybb.ne.jp
 

講演のご案内



 
 

お問い合わせ


下記、メールアドレスにて、お問い合わせください。

e-mail :kinarinoheya@ybb.ne.jp
担当 芥川
 
独り言
2019/06/16

『よし』人生

| by:管理者

よし」頑張ろう・これで「よし」楽しく

「芝三光の江戸しぐさ」から学んだ人生。

全てを覚えようとするから難しい学問になります。楽しもうと思えば素晴らしい学問です。大学という言葉があります。「大いに学ぶ」です。何歳になっても学ぶと言う事は楽しいことです。「よし」これからもやるぞ。この気持ちが必要です。

 

「古希を過ぎて次の目標」

70歳を過ぎて残りの人生を考えた時、不安に成ることが沢山あります。

人生は必ず幕を閉じます。どのような幕引きが出来るかで、幸せな人生だったか自分で判断するしかないでしょう。

悔いを少なくするためには準備が必要です。これからでも間に合います。

家族や仲間に迷惑を掛けない事です。

過去の事は反省することしか出来ません。

反省したときにはどのような事を思い出しますか。悔いる事が多くないですか。それは当たり前だと思います。分からない人生をそれなりに一生懸命生きて来たからです。その歩みが完璧な人はいません。どんなに立派になった人でも、必ず非難はあります。すべての人から好かれたり、いい評価されたりは無理でしょう。結果としては素晴らしい人だったと歴史には残るでしょう。本人が気付かなくても多くの人の助けを借りて全ての事は成し遂げられていきます。
 世の中にはそれぞれの役割があります。

 現在の東京は誰が造りましたか。国として作ったのは徳川家康ですね。彼の号令の元で、家来や、地元駿府の人達が協力して町を創りました。それぞれの役目、役割で出来上がっていきます。無駄な物・人はいません。すべては駒です。

立場が人を作っていきます。人は背伸びせず自分の歳に応じた自分の立場・役割で人生を楽しめばいいのではないでしょうか。

今までと違った立場・役割で人生を見つめ直したらどうでしょうか。自分の新たな人生を見つける事が出来るでしょう。

その中で、必要な事は、何か、健康でいる事です。

健康の三か条。『身体・収入・気力』

健康が第一とよく言いますが、この三つがが伴わないと健康にはなれません。

健康は病気をしない事です。病気は身体だけのことではありません。心も健康でないと駄目です。「身体は肉体です。収入は生きる糧です。気力は生きるための精神力と心」です。

・身体は無理なく年相応の運動量でエネルギーを燃やし元気でいること、休むことです。

ウォーキングしたり柔軟体操したり、好き嫌いせずに食事をとり、いい睡眠をとる事です。身体を壊すと家族に迷惑をかけます。

 ・収入は、「年金+α」人それぞれで違ってきます。贅沢をしなければ生きるための生活は出来るでしょう。

余裕のある方は、寄付ならびにボランティア活動をして下さい。そうでない方は、節約をするか、少しの労働をするか、何か工夫をして下さい。過去の人生の積み重ねですから甘んじて受け止めなければなりません。人を羨ましがってはいけません。

 ・気力は、これからの人生です。これから残りの人生をどのように過ごすか。

今までは過去の出来事で決められましたが、これからは未来です。チャンスは一緒です。

 

これから「よし」人生を送りませんか。新たなチャレンジで事業をして収入を多く得るもよし、ゲートボールで英雄になるもよし、講演して語るもよし、教えるもよし、本を書くもよし、孫と遊ぶもよし、自分の納得のいく、いい人生だったと思える生き方をしませんか。

私にとっては一番大事なことは、家族愛です。楽しい、暖かい家庭が自分を変えてくれます。

一人暮らしの方は、愛を求めて、サークル活動に積極的に参加してください。

家族に不満を感じる方は、話し合いのうえで、与えるものを与え自由な人生を選んでください。

人生は一度です。最後は自分で満足出来たと言って人生を終えられるように頑張りましょう。

 

私ごとですが、お金もない、病気をし、老いて行く中で支えてくれたのは家族です。

自分の過去を振り返って、本当にこんなに幸せになっていいのかと思います。

残された人生を有意義に過ごしていこうと思います。

「よし」やるぞ精神。これから何年かかるか分からない「比較昔ばなし」をジャンル別に分けて、大人子供が一緒に楽しめる本作りをします。

 

私の人生でこのようなことが出来るのも、家族愛は勿論ですが、素晴らしい仲間・学問に出会えたからです。「感謝」です。人生はどこで人を変えてくれるか分かりません。命の有る限りチャレンジしましょう。未来は可能性を育ててくれる道です。

                          『よし』のこころ

                               ユウ爺


09:14 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

私たちを応援してくれている仲間

活用例、本・CD

〇「おもき心」の出版においては、いろんな方々の支援をいただきました。
  
  詳細はこちら

〇本、CD
 

  詳細はこちら